自分勝手father

自分勝手father

都内イベント/マンガ/webマンガ。時々大学。たまにワーホリ。そんなブログ

8畳の部屋に3万払って害虫駆除業者を呼んで学んだ本当のG対策

f:id:dialmmm:20160626091437j:plain

それは僕と’’奴ら’’の戦いの記録……。

 

 

 

  

こんにちは。Tom.o.White(@tw_dialmmm)です。

ドラえもんの道具で「独裁スイッチ」っていう気に入らない奴をスイッチひとつで消せる道具があるんですが、あれで虫を絶滅させたいぐらい虫が嫌いです。

 

 

大学生時代、中野区(と言っても西武新宿線沿線)のアパートに一人暮らししていました。

1Kで8畳、駅から徒歩5分という好条件だったのですが、築30年越え。

内装リフォーム済みとはいえ、やっぱり古びてきてました。東日本大震災の時はまじでうちのアパート倒壊するんじゃないかと思った。

 

そんな中で、当然あいつはあらわれました。

我らが人類の天敵、イニシャルGです。もう名前を口にするのもつらい。

当時のアパートに住んでて2回遭遇したんですが、1回は友人宅へ避難、1回は友人を呼んで滅却してもらいました。友人たちには感謝してもしきれません。ほんと泣きながら電話したんだぜ。笑

 

しかし、実質2戦2敗という何ともお粗末な体たらく……。

これではいかん!と思った僕は、業者を呼んで対策をしてもらうことを決意!そんなん自分ではできないっすよ。

今回は、業者に頼んだ時の内容と、その業者から教えてもらったG対策についてお話します!

 

 

頼んだ業者の名は「TKC」

tkc-no1.com

当時はmixiが最盛期だったんですよ。

そこでmixiのコミュニティでおすすめ業者を挙げるトピックがあって、そこで高評価な口コミがいっぱいあったTKCに頼むことにしました。

 

24時間電話受付中!とかサイトにあるんですが、実際深夜に電話かけるとかなりぶっきらぼうなおじさんが出ます。

害虫駆除当日、来てくれたのは社長さんでした。そして先ほどの電話に出たのは社長だったことをあとから知るんですが、「深夜だったし男からの電話だったからちょっと機嫌悪かったわごめんね★」みたいな言い訳釈明を受けました。それでいいのか社長……。

でもそんな口調とは裏腹に仕事はとっても丁寧かつスピーディ!

仕事をこなしながら要所要所でG対策の説明もしてくれてとてもタメになりました。内容は後述しますね。

 

ただ、料金が1K8畳で3万円かかりました。

あれ?サイトには『ワンルーム15000円~(税別)』ってあるけど?

まあどうしても建物の築年数で値段は変動するので仕方ないです。学生の身分で3万は痛い出費でしたが。笑

ちなみに、電話で依頼するときに簡単に部屋の説明をすればざっくり料金は教えてもらえます。

 

 

僕らがやるべき本当のG対策

お待たせしました。肝心の対策内容です。

前提として、僕らは業者が持っているような特殊薬品は持ってませんよね。

やるべきこととして思いつくのは、ホイホイ的なトラップを仕掛けるかスモークを焚いてGを寄せ付けないか、ってところじゃないでしょうか。

しかし敵も進化してきています。市販のスモークじゃ全然効かなくなってるという話もよく耳にします。

 

そんな奴らを相手に僕らが本当にすべきことは、侵入経路を塞ぐことです!

先ほどの業者の社長から聞いた話ですが、Gは2ミリの隙間があれば侵入してきてしまうとのことでした。そのため、室内に少しの隙間も許さず塞いでいくことが必要になってきます。

具体的にはブレーカー、台所の排水管周り、洗濯機の排水管周り、この3か所を物理的に埋めていきましょう。

 

そんなときに役立つのが『穴埋め用パテ』です。西友とかにも売ってますよ。

ここまでやったらもう万全じゃん!と思ったら大間違いです。

実は僕たち一般人には唯一塞ぐことのできない経路があります。

それはエアコン!どうしても室外機などから入ってきちゃうんですって。

かといってエアコン塞いじゃったら空調の意味がなくなっちゃいます。

 

なのでやっぱりいざ対戦するときのために武器が必要です。

そこで僕が全力でオススメするのが「パーツクリーナー