自分勝手father

自分勝手father

都内イベント/マンガ/webマンガ。時々大学。たまにワーホリ。そんなブログ

今までの習慣を自力で変えられるって本気で思ってるの?

f:id:dialmmm:20160703113605j:plain

休日を寝て過ごすだけの生活、そろそろやめにしませんか?

 

 

こんにちは。Tom.o.White(@tw_dialmmm)です。

家じゃ勉強できない人間でした。

 

 

月~金まで働いて、土日を寝て過ごしてしまい「貴重な休みなのに寝てただけだった……。」って後悔してる人って少なからずいると思います。

そういう人って大体前日に「明日の朝はあれやろうこれやろう」って考えて、結局翌日何もできなくて終わりなんですよね。

 

そんな『できない自分』に悩んでいる人たちに僕なりのアドバイスを送りたいと思います。

あなたの生活や普段の意識と照らし合わせながら読んでみてください。

 

 

意志の弱い人の問題点

前日に考えてたことをこなせない人の問題点は、自分がやることにとりかかるまでのアプローチを考えてないことです。

要は何時に起きて、どれくらい身支度整えて、どこに行ってとりかかる、っていうところまで考えられてない。

 

「朝起きたら〇〇やろう」程度じゃ全然できないんですよ。まず朝起きられないんでしょ?

「起きたらまずこれをやろう」じゃどうせ中断しちゃいますよ。毎朝のルーティーンを何かしら崩してるんだから、集中できっこないでしょ?

「家でやろう」なんて絶対無理ですよ。その甘い考えのせいで今まで何回マンガ読んでスマホいじって後悔してきたんでしょ?

 

だから自分の意志で動けない僕みたいな人たちは、綿密に予定を練って、自分の最低限必要なルーティーンを把握して、体を外に引っ張り出してやらないと、新しい習慣なんて夢のまた夢です。

逆に「明日はこれやろう」程度の考えで実際に出来る人は「寝てすごしただけだった」って悩むことなんてないです。だって自分の意志でやれるから。

 

 

新たな習慣をつくるにはお金がかかる

まず前提となる考えから改めましょう。

 

僕を含め意志が弱い人間は、自力で習慣を変えることはできません。

新しい習慣をつくるには多少なりお金をかける必要があるということを理解しましょう。

 

たとえば、僕は休みの日の朝をブログ記事作成に充てたいので、起きたら身支度を済ませそのまま朝ごはんは外食にします。財布、スマホ、PCだけ持って出発です。

なぜなら家にいたらぐうたらしてしまうからです。起きたのに再びベッドにもぐったり、マンガ読んだり。二度寝がほんとに気持ちいいのは分かってるので、ベッドから離れるのに必死です。笑

 

無理やり自分の体を外へ連れ出すことで、余計な誘惑をシャットアウトするとともに「ここまで来たし、やるか」という気持ちになります。

あと朝ごはんが平日より豪華になるので、幸せな気持ちで満たされます。笑

 

 

ダイエットを本気でしたい人はジムに行きましょう。そのためにはジムの入会金や利用料がかかるし、ジムの中で履くシューズなどの購入が必要です。大体毎月1万円の出費でしょうか。

『毎日15分の運動で痩せる★』なんて甘い言葉を決して信じてはいけません。そういうの出来る人はその運動しなくても自力で痩せられます。

僕らはそれができないから、お金をかけて自分を縛りあげるしかないんです。

 

 

健康のためにジョギングをしたいという人はウォーキングシューズ買うのはもちろんなんですが、僕としてはコンプレッションウェアをおススメします。いわゆる全身タイツです。ジョギングしてる人がよくシャツやパンツの下に着てるの見かけませんか?

安いやつでいいんですけど、これを上下着用すると一気に「日常的に運動してる人」みたくなるので、視覚的に自分をノせやすいです。

「テンションアガってきたぜぇ……!」ってなること請け合いです。

 

僕が普段着ているのはこれです。上下で3000円しないめちゃ安ウェア!

(なぜか上下セットはAmazonでしか売ってないので、リンクはアマゾンしか貼ってません。なんで上だけしか売ってないんだ楽天……。)

 

 

話は少し逸れましたが、自分の生活に新しい習慣を取り入れようとしたなら、そこにはどうしても出費が必要になることを覚悟しましょう。

意志弱いくせに「そんなお金ないよ」とか言ってるやつはそのまま一生寝てろ。

 

 

新しい習慣が1つ作れたら、2つめからは容易になる

もしあなたが自分の生活に新たな習慣を取り入れ、それが1ヵ月でも続けられたなら、その習慣はもうあなたの中で確立されたと言ってよいでしょう。

1つ新しい習慣づくりができると、また別の習慣を取り入れることは比較的簡単になってきます。その理由は2点。

  • 自分の最低限必要なルーティーンが分かっているから。
  • 成功体験を通じて「自分はできる」ということが分かっているから。

 

自分の最低限必要なルーティーンが分かっていれば、そこさえ崩さなければいつもの日常を送りながら新しい要素を取り込めます。

自分はできるという自信があれば、新しいことに挑戦することに意欲的になれます。

加えて、初めて新しい習慣を取り入れたときの記憶がある分、それをベースに新たな習慣づくりに取り組めるので非常に効率的になります。

 

 

最後に

常々言ってますが僕も意志が弱い人間です。

この記事も最寄りのスタバで書いています。かっこつけちゃってます。

 

でも別に気にすることないと思うんですよね。

「意識高い系かよ」とか「スタバでPC開いてんのにMacじゃないのかよ」とか思われてるかもしれませんが、そんなこと僕には何も関係ない。

それよりも、そんなこと気にして何もできない一日を過ごす方がよっぽど恐ろしいです。ブログなんて記事あげてなんぼなんだから。そのためにできることはやっていかないと。きっと家にいたらジャンプ読み返してますよ僕。

 

 

自分の生活を変えたいけど、なかなかできなくて悶々としているという方。

少し意識を改めれば、あなたの生活は変えられるかもしれませんよ。

 

 

 

Tom