自分勝手father

自分勝手father

都内イベント/マンガ/webマンガ。時々大学。たまにワーホリ。そんなブログ

『羽海野チカの世界展』行ってきたレポ!混雑状況は?オススメの回り方は?必見ツイートもご一緒にどうぞ!

f:id:dialmmm:20160804193420j:plain

 

ちょっと日が経ってしまいましたが、『羽海野チカの世界展』レポまとめてみました!

これから行かれる方はぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

こんにちは。Tom.o.White(@tw_dialmmm)です。

 

「羽海野チカの世界展 混雑」でググると、どうやら前回の記事(初日に行ってみてわかった!『羽海野チカの世界展』の会場に迷わずたどり着く方法! - 自分勝手father)が検索上位にヒットしてしまうようで、大変申し訳ないです。

会場までの道のりしか案内してない記事なのに……。

読者の方が「読みたいのはそういう情報じゃないんだよ」と思っているのがひしひし伝わってきますね。

 

 

なので今回は、原画展に行ったレポをお伝えしたいと思います!

 

『羽海野チカの世界展』混雑状況はどんなかんじ?

きっとみなさんが一番知りたいのは混雑状況ですよね。

前置きしておくと、僕は初日に行ったのでこれからのお盆真っ盛りでは多少状況が異なる可能性があることをご了承のうえご覧ください。笑

 

結論から言ってしまうと

  • 午前中、特にオープン前の時間は混み合う
  • オープンしてからは入場待機列ができたりできなかったり波がある
  • 夕方17時前後は比較的空いている?

といった模様です。

 

このように朝の待機列についてのツイートもあれば、

 

こんな風に夕方は空いているなんてツイートも散見します。

 

 

かくいう僕も、公開初日8月4日(木)の17時40分に現地到着したのですが、誰一人並んでいなくて驚きました。

初日だけ公開時間違うんだっけ?と一人慌てていましたがそんなことはありませんでした。笑

 

 

『羽海野チカの世界展』入場口はどんなかんじ?

f:id:dialmmm:20160810121505j:plain

今回の原画展では、前売り券を持っている人と当日券を購入する人で列が分けられています。

いわゆるファストパス的な扱いになるんでしょうか?

ご覧の通り、僕が行ったときは誰も並んでいない状況だったので、どのように待機列がさばかれていくのか見ることができませんでした。

 

f:id:dialmmm:20160810122108j:plain

入場口の左となりにはこのようにデジタルサイネージが置かれていて、整理券を配布した際にはここで混雑状況および進行状況が把握できるようです。

 

 

当日券を購入したい人は向かって左の列から入場すれば、係の人が販売してくれます。

ちなみに当日券は一般800円、大学生・高校生600円、中学生300円、小学生以下は無料です。ぴったり持っていけば、入場もスムーズですね。

 

 

『羽海野チカの世界展』オススメの回り方は?

『羽海野チカの世界展』では順路がありません。

それはすなわち「どこから見て回ってもOK」ということです!

極端に言えば、入ってすぐに一番出口に近いコーナーへ行って、入口へ向かうように進んだっていいわけですね。笑

 

そんななかで、僕がオススメする回り方はあらかじめ混雑が予想されているコーナーを一通り先にチェックすることです。

あらかじめ混雑が予想されるコーナーとは以下の3つです。

  1. ネーム製作過程
  2. メッセージノート
  3. 羽海野チカ先生の所持品雑貨

 

原画展へ入場したらこの3つのコーナーはまずチェックしましょう!

もし混んでなかったら超ラッキー!

心ゆくまで眺め倒しましょう!

 

 

ところで、実は上記3コーナーをナンバリングしたのは理由があります。

1から順に混雑具合が激しいんです。

おそらくどの時間に行ってもネーム製作過程コーナー(羽海野チカ先生のマンガができるまでをまとめたコーナー)はずっと混んでます。

会場内に待機列ができるほどです。

だからこそ、ネーム製作過程のコーナーはすぐに見れたら超ラッキーなので先にチェックしておきましょう。

 

 

ですがメッセージノートのコーナーはそうでもないんですよ!

メッセージノートのコーナーは一番広いスペースの真ん中に机が置いてあって、そこへしゃがみこんで書き込むスタイル。

基本的に原画や展示品は壁掛けなので、書き込む必要のあるノートがスペースの中心に置かれるのは致し方ないのです。

 

ただ、他のみんなが周りで列を成しているなかで、先生への愛をしたためるためにスペースの中心へ足を運ぶのはちょっぴり勇気が要ります。笑

書きこむ人が少ないと新たに記入するのにさらにちょっぴり勇気が要るので、だんだんと書き込む人数が減ってくるというわけです。

 

しかし!人数が少ない時こそチャンス!

羽海野チカ先生への愛、担当編集への労い、運営への感謝、ありとあらゆる気持ちをノートへ叩きこむのです!

恥ずかしがって引っ込んでしまうなど、それこそ青春スーツ再装着状態★なのです!

今こそ青春スーツと一緒に恥を脱ぎ捨て、メッセージコーナーへ進みましょう!笑

 

ここだけの話ですが、書いている人がいないときにメッセージノートコーナーに飛び込むと、それを察知した周りの人々が新たに加わってくるのでちょっと面白いですよ。笑

わかるよ。みんなほんとは書き込みたいんだよね。

 

 

 

話は戻って3番目に挙げた羽海野チカ先生の所持品雑貨ですが、先生の思い入れのある雑貨やほかのアーティストからプレゼントされた唯一無二の作品たちが飾られているコーナーです。

原画展の奥の方にセッティングされているので、入場客の波と同じリズムで混雑したりしなかったりします。

これもじっくり鑑賞がオススメなので、空いている頃合いを見計らっていきましょう。

 

 

参考までに、他の人のオススメの回り方はこちら。

 

この飴玉探偵氏、かなりの羽海野チカファンの方で、非公式アカウントながら今回のようなイベント関連ツイートをよくしてくださるので、フォローしておいて損はないです!

 

 

『羽海野チカの世界展』その他情報&ツイートまとめ

 その他情報やツイートをざっくりまとめてみましたのでご覧ください!

 

今回の原画展にはもうひとつの会場がある!その名もサテライト!

『羽海野チカの世界展』では西武本館2階の西武ギャラリーがメイン会場でしたが、今回はそこ以外にもサブ会場が設けられています。

サブ会場の名はサテライトショップといい、過去に地方で開催された際の限定グッズなどが販売されています。

メイン会場とはフロアが異なり、1階に設置されているので要チェックです!

 

 

原画以外にも様々な新設コーナーが!

ハチクロやライオンの原画以外にも、先生を特集した月刊誌MOEに寄稿した原画のコーナーや、先生の愛猫であるブンちゃんコーナーもあります!

個人的にはブンちゃんコーナーが最高にうれしかったです。笑

 

グッズ販売ではクレジットカード利用可!電子マネーはnanacoならOK!

グッズをあれもこれも買おうとするとどうしてもお値段が高くついてしまう……。

そんなあなたに朗報です!なんとグッズ販売ではクレジットカードが利用できます!

これで心置きなくお買い物できますね!笑

(ご利用はくれぐれも計画的に……。)

 

『羽海野チカの世界展』は池袋では終わらない!?日本全国へ巡回予定!

世界展は池袋だけでなく、日本全国への巡回が決まっているそうです。

詳しい日程や場所などは明らかになっていませんが、池袋へ来れなかった方もきっとチャンスは回ってきますので、情報を待ちましょう!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

公開最終日まであと1週間と迫った『羽海野チカの世界展』ですが、まだ行ってない人も、2度目3度目の人も、誰にでも楽しめる内容になっています!

男一人の参加も結構いましたよ。僕もひとりで参加しました。笑

 

前にも書きましたが、夜21時まで開催しているので(日によっては20時閉場)、お近くに寄った方はぜひ足を運んでみてください!

 

 

 

Tom