自分勝手father

自分勝手father

都内イベント/マンガ/webマンガ。時々大学。たまにワーホリ。そんなブログ

展示物まるっと撮影OK!『ピクサーアドベンチャー』はピクサー展とは違う体験型イベントだった!

f:id:dialmmm:20160902162226j:plain

行こう!ピクサーの冒険の世界へ!

 

こんにちは。Tom(@tw_dialmmm)です。

デートと書いて『ネタ集め』と読みます。

 

前記事で「彼女とのデートの日に無理やり自分が行きたい予定をぶちこんで行った」レポを書いてるんですが、

(関連記事:【食レポもあるよ】3月のライオン×西武・そごうのスペシャルコラボ!『川本家のふくふく食堂』でコラボメニューを食べてきた! - 自分勝手father

当日のメインイベントはもちろん違うものでした。 

 

彼女「原宿でやってるピクサーのイベント行きたい!」

僕「へー、ブログのネタになるしいいんじゃない。」

という紆余曲折を経ながら、ラフォーレ原宿でやっている『ピクサーアドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界』に行ってきたのでレポートしていきます!

 

『ピクサーアドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界』

www.laforet.ne.jp

大人気のディズニー映画『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』などを手掛ける映像集団『PIXER(ピクサー)』

そのピクサーが作り上げた「もしも」の世界を体感できるイベントがいまラフォーレ原宿で開催中です!

 

ピクサーを代表する4つの作品の世界をあなたも体感しに行きませんか? 

 

入場しても展示物まるっと撮影OKな『ピクサーアドベンチャー』

f:id:dialmmm:20160904143252p:plain

 5月末まで東京都現代美術館で開かれていた『ピクサー展』ですが、こちらはいわゆる原画展のイベント。そのため中は写真撮影NGでした。

 

ですが今回の『ピクサーアドベンチャー』は原画展ではありません!

来場者が一緒になって楽しめる体験型イベントというだけあって、自分のスマホやカメラで撮影OK!

ただし、映像作品だけは撮影不可となっているので注意しましょう。でも入場してからは映像作品なかったような……。

 

中に入ると『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』『カーズ』の4作品の世界が広がっています!

それぞれ展示物および写真スポットなどが設けられているので、気に入ったものはどんどん写真に収めていきましょう!

 

当日券を前売り券と同じ値段で買う方法

ラフォーレ到着前に彼女からの突然の提案。

「私チケット割引できるカード持ってるからそれ使おうよ」

 

到着して当日券を購入する際に受付スタッフからの質問を聞いたところで初めて彼女の提案内容が分かりました。

スタッフ「ディズニーJCBカードはお持ちですか?」

なんとディズニーJCBカードを提示すると当日券を前売り券で購入できちゃうんです!

しかも同伴者1名まで同じく適用されます!

何事も安くなるってありがたいね。

 

ディズニーJCBカードだけでなく、My Disneyにメンバー登録して、スマホアプリで起動画面を見せると同様に安くなるようです。

 

『ピクサーアドベンチャー』の混雑状況 平日も結構混んでます

僕たちは平日の13時前にラフォーレに着いたんですが、その時点で入場待機列が結構できていました。

時間にすると20分前後待ちましたかね。休日だともっと待つんじゃないかと思います。

平日というだけあって客層のほとんどが大学生か小さいお子さんを連れた家族でした。

 

入場口は常時開放しているわけではなく、一定数で入場制限をかけているためどうしても待ち時間が出来てしまいます。

中もかなり混み合っているので、入場制限かけないと大変なことになっちゃいますからね。仕方ないですね。

階段を少しずつ上りながら待つかたちなので、お子さんを連れている方はちょっと大変かなーと思いました。

 

中へ入るとこれまた結構な混雑に見舞われます。

なぜなら入ってすぐに『トイ・ストーリー』の世界が展開されてるんです!これはみんな立ち止まっちゃうわ!

どう考えてもトイ・ストーリーが一番人気なんだから一番奥にブース作ればいいのに、なんて思っちゃいました。

まあそれはそれで奥が混雑するんでしょうけどね。

「立ち止まらずお進みくださーい」なんて入口付近から聞こえるスタッフの声はほぼ無意味です。笑

 

加えて言うなら、今回のイベントには順路がありません。

そのためどうしてもランダムに人の波が押し寄せてしまうことがあります。それが入り口付近で起きようものならもう大変です!

順路がないことを利用して、先に奥のコーナーから見て回るのがいいかもしれませんね。

 

4作品のブースにはそれぞれ撮影スポットが用意されています。

『トイ・ストーリー』のウッディやバズ、『モンスターズ・インク』のサリーやマイクたちと一緒に写真が撮れちゃうんです!

 

ここでひとつ注意しておきたいのが、撮影スポットには撮影してくれるスタッフがいません!

いや、厳密に言うとサリーとマイクのところにはいたかな。

それ以外のほとんどのスポットには撮影してくれるスタッフがいないので、必ず誰かに撮影をお願いしないといけないミッションが発生します。

見ず知らずの人に頼まざるを得ないので、人見知り気味の人は心して行きましょう。笑

 

お子さん連れには嬉しい!?ベビーカーは専用スペースへ置いておけます

f:id:dialmmm:20160904131336j:plain

『ピクサーアドベンチャー』にお子さんと一緒に行く多くのパパママはベビーカーにお子さんを乗せて来てますよね。

 

「でも混雑してる場内でベビーカーなんて押して入れるのかしら?」

「入れないとしたらベビーカー置くところあるのかしら?」

なんて不安を持っている方、ご安心ください。

ベビーカーに乗せたまま入場することはできませんが、入場前に専用の置き場があります!

 

ベビーカーでラフォーレまで来ても、『ピクサーアドベンチャー』を楽しんでいる間はベビーカーを預けておけるので安心して楽しめます。

お子さんとピクサーのキャラクターたちの写真をいっぱい撮影しちゃいましょう!

もちろん貴重品の管理はご自分でお願いしますね。

 

ラフォーレ原宿限定ショッピングバッグがとにかくかわいい!

f:id:dialmmm:20160904132637p:plain

『ピクサーアドベンチャー』では会場限定グッズが220種以上も用意されています。

あまりに品数が豊富なので、売り場が2つに分かれているほどです。

 

ポストカードやマグネット、マグカップなどさまざまな品があるんですが、きっとあなたが一番欲しくなるのはグッズを買うことで手に入るラフォーレ原宿限定のショッピングバッグでしょう!

実際バッグを持ってる人を見るとその鮮やかなポップさを放つイラストに思わず目が行ってしまいます。笑

このショッピングバッグ、実は結構な大きさがあります。女性が普段使うバッグなんか楽に入っちゃうぐらい。

 

そんな大きいショッピングバッグですが、会場のグッズを買うとこのバッグに入れてもらえます!

別に大きいものを買う必要はなく、小さなポストカードとかでも大丈夫です。

実際に僕の彼女がショッピングバッグ欲しさに何点か小さなグッズ買ってきたんですが、しっかり手に入れてました。笑

 

ラフォーレ原宿限定のショッピングバッグは対象商品を購入した方が先着でもらえるものですが、なくなり次第終了とのことなので、気になる方は早めに行った方がいいですね!

 

最後に

僕はそこまでピクサー作品見てなかったんですが、それでもかなり楽しめました!

やっぱり友達やカップルで行くと盛り上がるでしょうねー。

 

小さいお子さんから大人まで楽しめる『ピクサーアドベンチャー』お時間ある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

公式サイト:ピクサー アドベンチャー - ラフォーレ原宿

 

 

Tom.o.White